ホーム> 会社案内> 沿革

沿革社長メッセージ

藤田鐵工所100年の歩み

大正3年 1914 個人経営を以て創業、製茶機械ならびに工作機械を製作販売
昭和16年 1941 日本楽器製造(株)協力工場として軍事品(航空機部品)を製作
昭和20年 1945 運輸省名古屋鉄道局管内の機関車部品を製作
昭和24年 1949 各社の自動二輪車部品の製造を開始、特にクランクシャフト、コンロッド、及びシャフト類の鍛造より切削、熱処理、研削完成まで一貫加工の基盤を確立
昭和26年 1951 株式会社藤田鐵工所に法人改組、自動二輪車部品の増産に対処すべく事容を拡大
昭和35年 1960 同系会社 大和鍛工(株)を設立
昭和39年 1964 社内鍛造金型製作部門を分離して(株)富士金型製作所 を設立
昭和45年 1970 事容拡張のため工場を分離し、南工場と命名創業を開始
昭和46年 1971 企業内技能養成機関として静岡県知事認可「藤田高等職業訓練校」(鍛造科2年制)を開設
昭和52年 1977 心身障害者雇用促進月間に労働大臣表彰を受く
昭和53年 1978 同系会社 聖和熱処理工研(株)を設立
昭和56年 1981 「第1回静岡県中小企業小集団活動事例発表大会」に参加
最高賞の静岡県知事賞を獲得
昭和61年 1986 クランクシャフト、コンロッド加工専用機及びオートローダー用ロボットの本格的自社開発製造を開始
平成3年 1991 同系会社 (株)フジタ を設立
3軸自動ホーニング機を7〜8年かけて10台導入
平成5年 1993 社会保険事業の推進発展に寄与した功績に対し、功労事業所として社会保険庁長官表彰を受賞
平成7年 1995 小型エンジン用のクランクサブASSY機(くみ子)を製作
平成9年 1997 割型コンロッドの加工を開始
平成10年 1998 インドへ技術指導の事業開始
南工場に加工工場(中工場)を増築
平成12年 2000 優良申告法人表敬状を受賞
平成14年 2002 インドネシアに PT.FUJITA INDONESIA を設立
聖和熱処理工研鰍藤田鐵工所に併合して西工場とする
平成16年 2004 (株)藤田鐵工所がISO14001を取得
平成17年 2005 (株)藤田鐵工所がISO9001を取得
南工場に加工工場(第5工場)を新設
インドネシアからの研修生の受け入れがはじまる
社内のQC発表会が100回を達成
平成22年 2010 ベトナムにFUJITA VIETNAM CO., LTDを設立
平成25年 2013 南工場第一事務所の竣工
平成26年 2014 創業100年となる

ページ上部へ^